TOPへ ホームへ
     
カテゴリー
■ 日記 (0)

最新ログ

月別ログ

Pickup Photo!

検索

RSS & Atom Feed
北海道栄高等学校の栄ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3



logo.gif

毎日更新!

さまざまな情報をお届けいたします。


Pageview Ranking

«« 大塚食品株式会社さんから「30秒後にクールな刺激!マッチ セットポジション」が配布されました | main | 平成28年度版 調理実習の風景「1年2組の餃子」 »»
«« カテゴリ内前記事(平成28年度版 調理実習の風景「1年4組のフルーツパンチ(ポンチ)」) | 授業風景 | カテゴリ内次記事(平成28年度版 調理実習の風景「1年2組の餃子」) »»
2016/12/06
平成28年度版 調理実習の風景「1年1組の餃子」
平成28年度版 調理実習の風景「1年1組の餃子」

「平成28年度版 調理実習の風景シリーズ」の第5弾です。今回は「1年1組の餃子と粟米湯(スーミータン)」です。今回の調理実習は11月8日(火)に行われました。

<餃子> 1班(5〜6人)分、30個〜36個分
  豚ひき肉  250g〜300g
  にら  半束
  キャベツ  250g
  長ネギ  1/3本
  干しシイタケ  1枚
  しょうが  少々
  にんにく  少々
  餃子の皮  1パック
  調味料  塩、コショウ、料理酒、オイスターソース、しょうゆ、ごま油

平成28年度版 調理実習の風景「1年1組の餃子」

<粟米湯(スーミータン)>
  卵  2個
  スイートコーン  400g(1缶)
  ハム  4枚
  固形スープの素  2個
  水  800ml
  塩  少々
  料理酒  大さじ1
  水溶き片栗粉  大さじ1 → 水 大さじ1

平成28年度版 調理実習の風景「1年1組の餃子」

餃子は中の具を作り、皮で包むという体験をしてもらいました。最初は不慣れな手つきで作業する生徒が多かったですが、数をこなすにつれ、どんどんスムーズに包めるようになってきました。フライパンで水分を飛ばし、パリパリに焼いた餃子ができあがったときは拍手と歓声が沸き上がりました。

posted at 2016/12/19 22:57:39