TOPへ ホームへ
     
カテゴリー
■ 日記 (0)

最新ログ

月別ログ

Pickup Photo!
2009/12/12 :: 【進路指導】入試研究会(東大合格への戦略)に参加しました
!!$photo1!!

本日、札幌東高校において開催された北海道内の公立・私立高等学校の教諭対象「平成21年度 入試問題研究会」にアルファコース・アドバンスコースを担当する教員を代表して、3名の教員が参加してきました。

<実施要項>
 1.日時  平成21年12月12日(土) 13:30〜17:00
 2.場所  札幌東高等学校
 3.日程  全体講演 12:30〜14:30
        分科会  14;45〜17:00
 4.講師
   ●全体講演 「東大合格への戦略〜首都圏の状況から見る東大合格者の状況」
      講師:高畠尚弘 先生(Z会高校事業部 Z会マスターコース 事務局長)
   ●分科会 教科研究会
     〈国語〉 講師:内野博之 先生(駿台予備校)
     〈数学〉 講師:藤田健司 先生(代々木ゼミナール)
     〈英語〉 講師:高沢節子 先生(河合塾)

!!$photo2!!

2枚目の写真は全体講演の様子です。パワーポイントで作成された資料をもとに、東大を受験した受験生たちの
  ・センター試験における得点状況
  ・2次試験における得点状況
  ・受験勉強のスタート時期
  ・東大合格者の傾向
  ・東大受験者の失敗パターン
などについて講演されました。

!!$photo3!!

3枚目の写真は分科会(数学)の様子です。各教科で今年2月に実施された東大入試の分析、受験生たちの復元答案の分析、受験指導のポイントについて講演されました。

今回の研究会を通して学んだことを、今後の教科指導・受験指導のスキルアップに役立ててゆきたいと思います。

all photo

検索

RSS & Atom Feed
北海道栄高等学校の栄ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3



logo.gif

毎日更新!

さまざまな情報をお届けいたします。


Pageview Ranking

«« 【体験入学】平成23年度 第1回 SAKAEの一日体験入学のご案内 | main | 【硬式野球部】第64回秋季北海道高等学校野球大会室蘭支部予選の組み合わせ決定 »»
«« カテゴリ内前記事(【陸上競技部・駅伝部】延べ21名が全道新人出場権獲得、100Mリレー・400Mリレーで大会新記録!) | 部活動 | カテゴリ内次記事(【硬式野球部】第64回秋季北海道高等学校野球大会室蘭支部予選の組み合わせ決定) »»
2011/09/01
【アーチェリー部】世界レベルの選手も出場する第1回全国高等学校ブロック対抗アーチェリー大会に出場しました
【アーチェリー部】世界レベルの選手も出場する第1回全国高等学校ブロック対抗アーチェリー大会に出場しました
※1枚目の写真
 北海道を代表して出場した伊藤選手(左)を含む3名の選手たちの競技の様子。

アーチェリー部は、平成23年8月25日(木)〜28日(日)に佐賀県武雄市にあります白岩総合運動公園陸上競技場で行われた「第1回 日韓交流事業 第1回 全国高等学校ブロック対抗アーチェリー大会 兼 2011日韓交流ジュニアアーチェリー大会 および強化合宿」に出場・参加してきました。平成23年7月31日に行われた「第66回 国民体育大会 北海道ブロック最終選考会」で北海道ブロック選抜選手に選ばれました伊藤恵さん(2年、登別市立登別中出身)が出場しました。(国体予選の様子・結果はコチラをご覧ください。)

この対抗戦は、世界レベルの男子3名・女子3名・コーチ2名からなる韓国選手団を招き、男女各6名の全国高体連強化指定選手、男女各3名9ブロックのブロック代表選手が合同で強化合宿を行い、世界で羽ばたける高校生選手の育成を図る目的で実施されました。

【アーチェリー部】世界レベルの選手も出場する第1回全国高等学校ブロック対抗アーチェリー大会に出場しました
※2枚目の写真
 伊藤選手(左)が集中して矢を打つ様子を撮影したもの。

【アーチェリー部】世界レベルの選手も出場する第1回全国高等学校ブロック対抗アーチェリー大会に出場しました
※3枚目の写真
 伊藤選手(左)と韓国人選手(右)の交流の様子を撮影したもの。

女子個人戦では1回戦で6−0で勝利、2回戦では3位となった韓国人選手に0−6で敗退しましたが、世界レベルの選手と直接対戦するという貴重な経験をすることができました。
伊藤さんの個人成績は、39名中19位、ブロック選抜選手の中では27名中8位となりました。入賞することはできませんでしたが、世界レベルの韓国人選手、世界ユースアーチェリー選手権大会出場経験をもつハイレベルな選手たちとともにプレーできたことは大変良い刺激になったと思います。
この経験を胸に、平成23年10月7日(金)〜9日(日)に行われる「第66回 国民体育大会」に向けて頑張っていってもらいたいと思います。

応援をよろしくお願いします!

posted at 2011/09/01 16:20:05