TOPへ ホームへ
     
2017 / 03   «« »»
 
SMTWTFS
     
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
 
13
14
15
16
17
18
 
19
 
20
 
21
 
22
23
24
 
25
 
26
 
27
 
28
 
29
 
30
 
31
 
 
カテゴリー
■ 日記 (0)

最新ログ

月別ログ

Pickup Photo!

検索

Counter
total : 1916247
yesterday : 1243 / today : 889

RSS & Atom Feed
北海道栄高等学校の栄ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3



logo.gif

毎日更新!

さまざまな情報をお届けいたします。


Pageview Ranking

2016/06/09
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ8

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第8弾です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ
 花見第3弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ3」コチラ
 花見第4弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ4」コチラ
 花見第5弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ5」コチラ
 花見第6弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ6」コチラ
 花見第7弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ7」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ8

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ8

posted at 2016/06/09 21:02:53
 
2016/06/07
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ7

毎年書いていますが、北海道栄高校では、花見サクラ花見を1年に二度楽しむことができます。

1度目は、GW終わりごろから中旬にかけて、大志寮付近・学校の坂・C棟(2年生・3年生・アルファ教室)の奥の方に、2度目は、5月下旬ごろから6月上旬にかけて、駐車場や職員玄関横にきれいな花を咲かせます。

今年も例年より早く、1度目はGW頃に、2度目は5月中旬に花を咲かせていました。遅くなりましたが、北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第7弾です。

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ7

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ
 花見第3弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ3」コチラ
 花見第4弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ4」コチラ
 花見第5弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ5」コチラ
 花見第6弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ6」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ7

※撮影日は、5月18日(水)です。

posted at 2016/06/08 1:58:01
 
2015/05/29
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ6

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第6弾(最終)です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ
 花見第3弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ3」コチラ
 花見第4弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ4」コチラ
 花見第5弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ5」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ6


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ6

posted at 2015/05/29 23:44:05
 
2015/05/28
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ5

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第5弾です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ
 花見第3弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ3」コチラ
 花見第4弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ4」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ5


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ5

posted at 2015/05/29 23:42:01
 
2015/05/23
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ4

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第4弾です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ
 花見第3弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ3」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ4


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ4

posted at 2015/05/23 23:24:54
 
2015/05/22
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ3

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第3弾です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ
 花見第2弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ2」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ3


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ3

posted at 2015/05/23 0:14:11
 
2015/05/21
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ2

北海道栄高校の生徒たちと花見サクラ花見の第2弾です。

 花見第1弾:「北海道栄の生徒たちとサクラ1」コチラ

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ2


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ2

posted at 2015/05/22 23:58:20
 
2015/05/19
【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ1

北海道栄高校では、花見サクラ花見を1年に二度楽しむことができます。

1度目は、GW終わりごろから中旬にかけて、大志寮付近・学校の坂・C棟(2年生・3年生・アルファ教室)の奥の方に、2度目は、5月下旬ごろから6月上旬にかけて、駐車場や職員玄関横にきれいな花を咲かせます。

今年は例年より温暖だったため、1度目はGW頃に、2度目は5月中旬に花を咲かせました。

栄ブログでは、例年通り、「生徒とサクラシリーズ」を掲載していきたいと思います。なお、撮影日は5月13日(水)・14日(木)の2日間となっております。

【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ1


【SAKAE NO SAKURA】北海道栄の生徒たちとサクラ1

posted at 2015/05/20 0:15:19
 
2015/02/05
2月3日「節分」〜女子バレーボール部+2学年教員合同豆まき!

前回の恵方巻に続き、今回はなまはげ豆まきなまはげの様子をお送りします。節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のことで、江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多いです。

2月3日「節分」〜女子バレーボール部+2学年教員合同豆まき!

2月2日(月)、職員室の2学年スペースで女子バレーボール部と2学年教員で合同豆まきを行うことが急遽決定。豆は部員たちが用意してくれることになりました。

3日(火)の16時頃、体育館教官室から背の高い鬼(1枚目右上の写真)が出現。部員たちと教員たちはたくさんの豆を握り、鬼に向かってみんなで豆をまきました。体育館の隅に追い詰めるも、隙を見て逃走。再び、みんなで鬼に向かって豆をまきました。とにかくたくさんの豆をまきました。鬼にたくさんの豆をまき、邪気を追い払って、みんなの無病息災を願いました。

2月3日「節分」〜女子バレーボール部+2学年教員合同豆まき!

豆まき後は、体育館中にまかれた豆たちを掃除して、鬼役の顧問の先生の指導の下、部活動が再開されました。

posted at 2015/02/05 22:50:03
 
2015/02/04
【スクールライフ】昼休みの食堂風景3〜2月3日「節分」

本日の栄ブログでは「北海道栄の食堂風景」の第3弾を掲載したいと思います。
撮影日は昨日2月3日(火)「節分の日」です。この日の日替わり定食は、A定食が「カツ丼」、B定食が「恵方巻+うどんまたはそば」でした。「恵方巻(えほうまき)」とは、節分にその年の恵方(幸運を招く方角、今年は西南西)を向いて食べると縁起が良いとされる太巻きのことです。恵方巻という名称は1998年に、あるコンビニエンスストアが全国販売にあたり商品名に採用したことにより広まったとされております。それまでは「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」「幸運巻きずし」などと呼ばれており、大阪地方を中心として行われているその太巻きを食べる習慣があったそうです(Wikipediaより)。

【スクールライフ】昼休みの食堂風景3〜2月3日「節分」

節分に巻ずしを食べるのようになった理由はいくつかの説があるようです。説の1つには、『「巻く」ということから「福を巻き込む」』、『「切らずに食べる」ことから「縁を切らない」』という意味が込められているというものがあります。巻ずしのかたちが黒くて太いことから、鬼の金棒を食べて鬼退治をする意味もあるようです。

恵方(西南西)を向いて、心に願いごとを思い浮かべながら、無言で太巻き1本を丸かじりするとよいとされています。生徒の皆さんは、どのような願い事をしたのでしょうか。願い事がかなうように努力すれば、運が後押ししてくれることでしょう。

※第1弾はコチラ(食堂の仕組みなども掲載しています)
※第2弾はコチラ

posted at 2015/02/05 0:25:21