本文へ移動

アルファコース

国公立大学、難関私立大学への現役合格を目指すのがアルファコース。マンモス校にはない全ての生徒に光が当たる少人数制授業や、3つの受験サポート(チューター制・土曜授業・講習会)で、ワンランク上の大学合格を実現します。
 

●アルファコースの特徴

1. 少人数教育

15人前後の少人数クラスできめ細かな指導を行います。
 

2. 第2・第4土曜授業

国公立大学合格を視野に入れた受験指導をする土曜午前の必修授業を行います。
 

3. 放課後の過ごし方は自由

(1)部活動に取り組む
(2)補習に参加する
(3)塾・予備校に通う

4. 夏期・冬期講習会

夏休み、冬休みに自分が力を入れたい勉強を自主的に盛り上げていけるよう組み立てられた講習会です。
 

5. チューター制

一人ひとりに、経験豊富な教員を個別担当者(チューター)としてつけ、学習状況を把握し、第一志望の国公立大学への現役合格に向けたアドバイスをします。
 

●アルファコースの3年間の流れ

●卒業生の声

堤 彩花 さん(進学先:室蘭工業大学)

アルファコースで3年間勉強とバレーボール部の活動を両立することは大変でしたが、同じ目標を持った仲間と助け合いながら楽しく勉強することができました。また、チューター制で勉強方法や進路について相談することによって、自分に合った勉強方法や受験先を決めることができました。

高野美羽 さん(進学先:北海道医療大学)

私は北海道医療大学薬学部薬学科に入学しました。アルファコースは少人数での授業が多いので集中して授業を受けることができました。また、チューターの先生に勉強のアドバイスをもらいながら自分に合った勉強方法で学習することができました。

吉村拓哉 君(進学先:室蘭工業大学)

アルファコースのカリキュラムはとても大変でした。しかし進学に関して必要なものは全て揃っていました。特にチューター制は模試の結果を踏まえて次に向けて何をするべきかを1教科ごとに指導してくれるので、ポイントを絞り込みながら勉強することができました。進学を希望の方は打って付けです。

田中くるみ さん(進学先:防衛大学校)

卒業後約2年(当時)が経ち、アルファコースの一人ひとりに光が当たる教育が今に生きていると思う機会が数多くあります。特に、自分の進路選択に必要な視野や情報を与えてくださった経験豊富な先生方、チューター制などの大学受験のために整えられた環境に感謝しています。日本一の努力をするなら北海道栄高等学校です。まずは体験入学に足を運んでみてはいかがでしょうか。OGとしてあなたの進学を待っています。

伊藤昴樹 君(進学先:横浜国立大学)

僕は北海道栄高校を卒業し、横浜国立大学に入学しました。アルファコースでは少人数のクラスで先生とコミュニケーションをとりながら授業を受けることができ、また放課後の補習や土曜日のゼミなどで自分の目標に合わせて勉学に励むことができます。ぜひ皆さんも充実した3年間を!
 

岡本祐大 君(進学先:北海道大学)

少数精鋭の環境だからこそ、僕は成長できたと思います。引っ込み思案だった僕が、まさか今では留学を目指しているととは!道栄なら夢に向かって励める仲間も多くいます。変化する国際情勢の中で、「どうなるか」だけでなく「どうするか」と考える力を養ってみませんか?道栄から、共に国際人を目指そう!
 

松川綾佳 さん(進学先:北海道大学)

アルファコースは少人数制で丁寧に勉強を教えてもらえたり、チューター制で進路や勉強のことなどを相談できたり、受験のための厚いサポートが受けられるところが良いところだと思います。勉強時間は長くなりますが、その分同じコースの子たちと支え合いながら勉強できたのでとても楽しかったです。
 

住吉紘一 君(進学先:京都大学)

アルファコースに入って良かったと思うことは、信頼できるクラスメートに巡り会えたことです。アルファコースは少人数制であるためクラスの一体感が強く、勉強面でも切磋琢磨することができました。また先生方も熱心かつユニークな方ばかりで、楽しく勉強でき、志望大学にも合格できました。大学では法律を専攻し、将来人の役に立てる人間になりたいです。
 

木谷優輝 君(進学先:北見工業大学)

栄高校の校訓「今日学べ」にあるように、皆さんは毎日を大切に過ごしていますか。僕は当時アルファコースで大学進学を目指していました。少人数制授業なので先生は一人ひとりに目を配り、熱心に進路や勉強のことを教えてくれます。また放課後補習や勉強合宿、土曜日のアルファゼミなど、学力アップにつながりました。
 

吉田章人 君(進学先:山形大学)

アルファコースで良かったことは、チューター制があり、先生と一対一で自分の進路や学習について相談できたことだと思います。現在自分の志望大学に入学し、小学校の教師を目指して、各教科の指導方法や教職に関する勉強をしています。将来は児童一人ひとりと向き合い、子供の表現力や発送を育てる先生を目指しています。
 

鈴木早央里 さん(進学先:札幌市立大学)

私は北海道栄高校で2つのことを学びました。1つ目は共に目標に向かって努力し合う友人の大切さ。2つ目は、相手を思い、相手のために最善を尽くす思いやりの心です。たとえ一人の生徒のためでも時間を割く先生。誰かのために一生懸命になるという人の温かさ。友人と先生に感謝しています。
 
4
8
5
6
7
4
TOPへ戻る