本文へ移動
コース紹介

保健体育コース

体育・スポーツに関する専門知識と、運動技能を養うコース。指導者としても活躍できるような学力と人間性を培い、心身ともに健康で明朗な人間を育成します。部活動の実績に基づき、スポーツ推薦入試を実施している大学や体育系大学進学も可能です。
 

●保健体育コースの特徴

1. 体育理論を学ぶ

筋肉構造やけが防止に関する専門的な授業を行っています。
 

2. 講習会や実習の実施

テーピング実習、栄養講座、安全にスポーツを行うための講習会などを積極的に行っています。
 

●卒業生の声

水越夏輝 君(就職先:日鉄住金物流君津株式会社)

僕は栄高校を卒業し、千葉県にある日鉄住金物流君津株式会社で働いています。高校では硬式野球部に所属していました。練習はとても厳しく辛いことが多かったですが、鍛え上げた精神力と体力を活かせているのでよかったと思っています。高校生活というものはあっという間に終わってしまいます。ですから後悔の無い高校生活を送ってください。
 

金澤祐汰 君(進学先:関東学院大学)

僕は栄高校を卒業し、横浜にある関東学院大学に入学しました。高校では硬式野球部に所属していました。野球部では、礼儀や言葉遣いなど野球以外にも学んだことがたくさんあり、それが大学でも活きていて、高校で学んだことは間違ってなかったと思いました。皆さん高校生活という最高な時間を楽しんでください。
 

小沼朱希 君(進学先:北星学園大学)

僕は昨年(平成28年度)北海道栄高校を卒業し、現在北星学園大学に通っています。高校時は硬式野球部で引退するまでの二年半を甲子園目指して頑張りました。引退後は勉強に励み、一般入試で無事合格することができました。高校の部活動や学校生活は必ず社会に活きてきます。一度しかない高校生活を存分に楽しんでください。
 

加藤泰行 君(進学先:東海大学)

僕は北海道栄を卒業して東海大学札幌キャンパスに進学しました。高校時代は硬式野球部に所属していました。寮生活もしていて仲間との共同生活も経験し、今になりその経験が活きていると感じています。北海道栄での3年間が今の自分を作っていると思います。実りある充実した学校生活にしてください。
 

齊藤大希 君(就職先:トヨタ自動車北海道株式会社)

僕は栄高校を卒業し、トヨタ自動車北海道に入社しました。高校では、サッカー部に所属し、全道制覇を目指し日々精進してきました。そこで先生から教えて頂いた精神力や継続力は、社会ではとても大切な事だと強く感じています。皆さんも是非、これからの高校生活を有意義なものにしてください。
 

木村有吾 君(進学先:北海道教育大学)

私は保健体育コースで硬式野球部に所属しており、寮生活をしていました。3年間を振り返ると得たものが多く、支えてくれる人への感謝の気持ちを持つこと、人間関係の構築、集団行動での自主性、そして社会に出て必要となる礼儀や服装などの身だしなみを身につけることができました。
 

西田智稀 君(進学先:戸田看護中央専門学校)

私は今、看護師になるために看護学校に通っています。栄高校では野球部員として寮生活をしていました。勉強と部活の両立に加え、自分のことは自分でやらなければいけないので、親の有り難みを感じました。辛く辞めたくなる時も、寮や部での仲間達と支え助け合い、困難を乗り切ることができました。
 

伊藤翔太 君(進学先:日本体育大学)

高校での思い出は3年間続けてきた部活です。いろいろな人との交流があり、コミュニケーション能力が付き、社会に出てからも部活は役立つと思いました。僕は日本体育大学に進学し、体育の教員になるための勉強とアイスホッケーを続けています。大学では、部活でメインで出られるよう人より努力し、文武両道を目指し勉強中です。
 
 
0
9
5
7
9
6
TOPへ戻る