本文へ移動

ビリヤード部

   本校は、全国でも珍しいビリヤード台がある学校です。現在本格的な9フィート台が2台設置されており、毎日授業が終わってから 下校バスが出るまでの3時間、移動時間の無駄もなくじっくりと練習することができます。本格的に世界に通用するビリヤードプレイヤー を目指すのもよし、高校に入ったからには何か打ち込むものがほしいと考えるもよし。やる気だけ持って、北海道栄高等学校撞球(ドウキュウ)部 の門を叩いてください。そこからきっと新しい世界が見えてきます。
ビリヤード部
顧問 大野圭悟
 
   ビリヤード部は、毎日放課後、本校にあるビリヤード教室(ビリヤード台を2台設置)で活動を行っています。週1回金曜日の午後に行われている創造学習(総合的な学習の時間)は、苫小牧市にあります「ビリヤード&ダーツ アサンテ」で、JPBA専属プロの小山峰紀氏の個別指導を受けながら、技術の向上に努めています。ビリヤードの基本から応用まで、様々なテクニックを学ぶことによって、より楽しいビリヤードを行うことができます。

<平成26年度(平口さんの活動記録)>

◎2014 世界ナインボールジュニア選手権 出場
◎全日本選手権大会 出場
◎アジアジュニア選手権大会 3位
◎第6期 女流球聖位戦 決勝戦出場

<平成25年度(平口さんの活動記録)>

◎2013 世界ナインボールジュニア選手権 準優勝
◎JOCジュニアオリンピックカップ 第13回 全日本ジュニアナインボール選手権大会 優勝
◎白老町スポーツ賞受賞

<平成26年11月 世界ジュニア選手権・全日本選手権 >

   「2014 世界ナインボールジュニア選手権 ジュニア&ガールズ(    World Juniors Championship-Junior)」、「第47回全日本選手権大会(9ボール国際オープン)女子」に平口結貴さん(2年)が出場しました。世界ナインボールジュニア選手権は予選トーナメントC組敗者側決勝戦で、全日本選手権大会は予選トーナメント敗者側決勝戦で惜敗しました。(栄ブログはコチラ)
(※画像はOn the hill!さんのホームページからお借りしました。)

<平成26年8月10日(日) アジアジュニア選手権大会 >

   ナインボールの「アジアジュニア選手権大会(2014 APBU Asian Junior Pool Championship Girl's Division - Single)」に、平口結貴さん(2年)が出場し、アジア3位となりました。(栄ブログはコチラ)
      (※2枚目の画像はOn the hill!さんのホームページからお借りしました。)

<平成26年4月12日(土)・13日(日) 第6期 女流球聖位戦 >

   平口結貴さん(苫小牧アサンテ所属、本校ビリヤード部所属、2年)は、大阪府にありますマグスミノエで行われた「第6期 女流球聖位戦(日本アマチュアポケットビリヤード連盟主催)」に出場し、現女流球聖位の佐原弘子さんに挑戦しました。試合はシーソーゲームとなり最終セットを迎え、最終セットは6-7で惜敗し、約13時間の試合が終了しました。(栄ブログはコチラ)
      (※4枚目の画像はOn the hill!さんのホームページからお借りしました。)

<平成25年12月 2013 世界ナインボールジュニア選手権 >

   平口結貴さん(1年)は、平成25年12月9日(月)~12日(木)、ヨハネスブルグ(南アフリカ)で行われた「2013 世界ナインボールジュニア選手権 ジュニア&ガールズ」に日本代表として出場し、準優勝という快挙を成し遂げました!(※画像は東京ビリヤードさんのホームページからお借りしました。)

<平成25年11月3日(日) 白老町文化賞・スポーツ賞表彰式>

   白老町「しらおい経済センター」において、「平成25年度 白老町定例表彰式並びに白老町文化賞・スポーツ賞表彰式」が行われ、本校ビリヤード部の平口さんが「スポーツ賞」を受賞しました。

<スポーツ賞受賞> 平口結貴さんの功績内容

第13回全日本ジュニアナインボール選手権大会(ビリヤード)で優勝し、世界ジュニア選手権出場権を獲得するなど、白老町のスポーツ振興の向上に尽力

<平成25年4月 第13回 全日本ジュニアナインボール選手権大会 >

   平口結貴さん(1年)が、先月、東京都で行われた「JOCジュニアオリンピックカップ 第13回 全日本ジュニアナインボール選手権大会」において初の女子チャンピオンとなり、世界ジュニア選手権に日本代表選手として出場することが決まりました。
0
7
7
6
3
3
TOPへ戻る